歩くだけで健康寿命を延ばす正しい方法を紹介

そのウォーキングの仕方は大丈夫?ありがちな失敗例を紹介!

 

健康のためにウォーキングをしている人や、これから

 

ウォーキングを始めようとする人がいるかと思います。

 

 

しかし、一回立ち止まってウォーキングの仕方について考えてみて下さい。

 

 

ウォーキングの仕方?、と疑問に思うかもしれません。

 

ウォーキングと言っても、ただ歩くだけではないのです。

 

歩くだけだったら人によって千差万別のやり方があります。

 

 

しかし、健康のために効果的なウォーキングを誰もがやっている

 

訳ではありません。

 

逆に健康に悪いウォーキングをしている人もいるかもしれません!

 

 

 

歩いて健康寿命を延ばして、大病にかからず

 

人生を楽しむには「歩き方」を知る必要があります。

 

 

 

「毎日一万歩」がいいのか?

 

 

健康の歩行の目安に、「毎日一万歩」歩く、という風に言われることがありました。

 

 

一万歩というのは、あまり歩かなくなった現代人が運動不足になり、

 

よく歩こうという「概念」の話で、一万歩を歩けば絶対に健康になるわけでは

 

ありません。

 

 

つまり一万歩を歩いている人でも身体を悪くしてしまった人とは、

 

歩き方の悪い人です。

 

 

 

普段から歩くことが多い人は、骨粗しょう症になりにくいと言われています。

 

骨粗しょう症は骨がスカスカになり、骨が弱くなる状態です。

 

 

仕事で細かく動き回る接客をしている人は、一日一万歩程度は

 

歩きます。

 

 

しかし、料亭などハイランクの接客を担当する人は、所作の一つ一つも

 

美しいことが求められるのでウォーキングのように強く歩くことはできず

 

音をあまり立てないで静かに動きます。

 

 

このような人たちは歩き方が弱く、刺激が弱かったので骨も

 

弱くなってしまったと考えられます。

 

 

さらに室内だと、日光を浴びる機会が少なくなります。

 

日光の紫外線は骨の強度を強くすると言われています。

 

 

「毎日一万歩を歩いている」から、自分は大丈夫だという思い込みが

 

思わぬリスクを引き起こすかもしれません。

 

 

 

歩いたら免疫力が低くなる場合もある

 

 

歩くのは一般的に健康にいいのですが、きちんと理由や

 

メカニズムを理解しないと、「歩けば健康」がその名の通り

 

独り歩きして免疫力を低下させます。

 

 

歩きすぎは健康に悪いです。

 

 

適度な運動は健康にいいのは知られていますが、

 

ウォーキングは軽い運動なので、頑張ろうと思えば

 

一日に数万歩を歩くのも可能です。

 

 

健康にハマったり、すぐに効果を得たいからと言って、

 

過剰にウォーキングをしてしまうと、免疫力は下がります。

 

 

運動には目的に合った正しい「量」を知ることも大事なのです。

 

 

 

ジョギングは貧血になりやすい?

 

 

ウォーキングと同じように有酸素運動で有名なジョギングがあります。

 

かつては運動部で身体を動かすのが好きな人は、ウォーキングより

 

ジョギングを選択する人もいるかもしれません。

 

 

好きなことを止めるつもりはありませんが、ジョギングは貧血になりやすいです。

 

 

ジョギングのような有酸素運動はヘモグロビンを増やし血中の酸素を

 

運搬する脳力を高めます。

 

 

しかし、走る時に足の裏に与える衝撃が何万歩も続くと

 

血管内のヘモグロビンを壊してしまいます。

 

 

結果、健康のために走っているのに貧血を起こしやすい

 

体になってしまうのです。

 

 

 

ウォーキングだけをやってもダメなわけ

 

熱心にウォーキングをしている人でも、健康効果が出にくい人もいます。

 

 

健康や体を鍛えるために運動している人でも、その時だけ頑張っていても

 

健康にもなれませんし、体も強くなりません。

 

 

何が言いたいのかというと、運動している時は張り切って頑張っているけれど、

 

それ以外の時間はだらだらと過ごして、一日分の運動をしたから

 

いいんでしょ?という態度の人です。

 

 

普段の生活の中でも、歩いたり体を動かしたりする場面はいくらでもあります。

 

むしろ人生の時間の中でウォーキングをしている時間よりも、それ以外の時間の

 

方が圧倒的に多いです。

 

 

ですから、一日のうち一時だけ頑張ってウォーキングをするのではなく、

 

その他の時間もきびきびと動き、活動的になった方が前向きに

 

明るい人生になり、健康寿命も長くなるでしょう。