ウォーキングが三日坊主にならないためのコツ

ウォーキングが三日坊主にならないためのコツ

 

健康のためのウォーキングを習慣化するのは

 

人によってはかなり難しいかもしれません。

 

 

 

新しいことを始めると、その分今までの生活を変えるか何かを減らさないと

 

帳尻が合いません。

 

 

従来と同じように生活をしながらウォーキングだけを新たにやるというのは、

 

不可能なことで、必ず日々の生活の中にひずみが生じてしまいます。

 

 

まずは自分の生活リズムや活動を再点検して、無理のないように

 

今までの生活を変えたりやめたりしましょう。

 

 

 

そのうえで、モチベーションや個々の事情などでウォーキングが

 

続かない人はこれから紹介するコツを参考にしてみて下さい。

 

 

 

身体活動計を購入する

 

身体活動計は、「歩数」と「身体活動の強度」を計ってくれる機械です。

 

万歩計や歩数計だと、歩数は分かっても運動強度を計ることが出来ないので

 

できれば身体活動計があると心強いです。

 

 

値段もそこそこしますので、必ず買わないといけないわけではありません。

 

なぜかというと中強度の運動が計れなくても、かろうじて話すことが出来る

 

早歩きが中強度だと分かっているからです。

 

 

 

ではなんで身体活動計できればあった方がいいのかというと、

 

日常の活動の身体活動を計測することができるからです。

 

 

洗濯や掃除を一生懸命やれば、身体活動があがり、

 

中強度の運動をしたことになるかもしれません。

 

徒歩で移動したときだって、多きく手を振って大股で歩けば

 

中強度の運動になります。

 

 

ウォーキングで運動するのは、日常生活では補いきれなかった分の

 

運動をすればいいので、運動強度も分かると役に立ちます。

 

 

 

また、健康器具を買うことによって、お金を投資したという意識が生まれます。

 

自腹を切って高い器具を買うことによって、決意も強くなり

 

無駄金にしないために頑張るという、自分の追い込み方です。

 

 

 

一週間はいつも通りの生活で計測をする

 

まず自分が普段どの程度運動しているかを知るために

 

一週間はウォーキングを始めないで、計測だけをします。

 

 

自分が今どの運動レベルにいるかを知る「下ごしらえ」が必要です。

 

 

自分の運動レベルが分かると、必要なウォーキングの程度も

 

分かるので、個々のハッキリとした目標ができてモチベーションも

 

上ります。

 

 

やみくもに目標に対して取り組んでも、ゴールに対して必要な

 

活動量が曖昧だと続かない原因になります。

 

 

 

計測する時は朝起きてから夜寝るまで、風呂以外は肌身離さず

 

身体測定計もしくは歩数計を身に着けて、一日のトータルの運動量

 

漏らさず計って下さい。

 

 

 

目標運動量まであとどのくらいかを知る

 

普段の運動量が分かったら、そこから逆算して

 

ウォーキングで必要な量が分かります。

 

 

この時身体測定計で計ったなら運動強度も分かるので、

 

さらに具体的に必要な運動レベルが分かります。

 

 

 

日常的に2000歩歩いている人なら、あと6000歩をウォーキングで

 

補っていくと言った具合に目標を設定できます。

 

 

仮に普段から中強度の運動を20分以上している人は、

 

足りない歩数を軽いウォーキングだけですればいいのです。

 

 

 

目標が決まったら楽しんで歩く

 

 

目標が決まったらいよいよ歩いてみましょう。

 

 

そして目標を達成した日はカレンダーや手帳にチェックを

 

入れたりシールを張ったりするのを日課にしましょう。

 

 

毎日が塗りつぶされていくのを楽しんで、モチベーションを

 

上げてワクワクして下さい。

 

 

 

逆に達成できないことが多くてもがっかりしないように

 

気を付けましょう。

 

 

そのためには最初の目標はハードルを下げて設定して、

 

毎日歩くのを絶対のルールだと思わないで、軽い気持ち

 

取り組んだ方がいいです。

 

 

天気が悪い日や気分が乗らない日だって時にはあります。

 

そんな時は、一定期間のトータルで目標を達成すれば

 

よしとしましょう。

 

 

歩けない日が連日続いたら、他の日に少し多めに歩いたり、

 

予め天気の悪化が予想出来たら、先に目標以上に歩いて

 

おいても支障ありません。

 

 

一週間とか一カ月くらいの期間で区切って、平均のウォーキングが

 

設定目標を上回るようにしましょう。